商品一覧

全自動酸分解前処理装置 DEENA

試薬添加、混合、加熱、メスアップまでのすべてをここに

全自動酸分解前処理装置 DEENA

DEENAシリーズは、金属分析の前処理や試薬の混合、反応からメスアップまで、これまで囚われていたルーチン作業からの解放をお約束します。

  • DEENA(ディーナ)の基本性能

加温加熱

これまでのホットプレートでは下からの加熱だけであった前処理を、サンプルをホットプレートのサンプルブロックユニットにはめ込むことにより、上下左右から加熱分解システムを構築しました。それにより、短時間でのより効率的な酸分解が可能となります。また、温度調整ユニットを組み込んだことにより、昇温プログラムの制御ができます。下水や有機物を含む酸分解に時間がかかるサンプルにおいても、昇温プログラムを使用することでより迅速な分解が可能となります。

 試薬の添加

吐出重量で補正されたディスペンサーにより、任意の量の試薬を正確にサンプルバイアルへ吐出します。最大8 本まで搭載可能な試薬吸引チューブは、ラボで求められるほとんどの分析メソッドに対応します。

加熱や放冷の調整

バイアルトレーが上下に動くため、サンプルの加熱分解が終わったらバイアルトレーを上昇させてサンプルを放冷したり、試薬を添加したバイアルのトレーを下降させて加熱したりと、メソッドが求める前処理方法をDEENA でそのまま再現することができます。

試薬(スパイク等)のシリンジでの添加(オプション)

ICP やICP/MS を使用して分析する場合は内部標準としてのスパイク試薬を正確に添加することが求められます。そこで、シリンジでの試薬添加を行うことで、より正確な分析を行うことができます。

メスアップ

超音波センサーが液面を感知するため、バイアルの液量に影響されることなく設定された液量に、正確にメスアップします。

 優れた生産性

DEENA シリーズは加熱や放冷を分析の過程に含めて、試薬やスパイクの添加、メスアップに至るまでの工程を全自動で行う、最新の分析前処理システムです。DEENA シリーズは分析に合わせて、4 つの異なる装置から最適なものを選択できます。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る